〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2丁目17番2号 OGAWAビル5F

~ドイツLTG社日本総代理店~

お電話でのお問合せ・ご相談はこちらへ

052-770-3040

LTGの歴史

 LTGの創設者であるアルバートクライン博士は、職場に新鮮な空気を供給し、工場の工程環境を改善するシステムのパイオニアでした。1924年、アメリカから帰国した彼は、シュトゥットガルトにCärrier Lufttechnische Gesellschaft Dr.-Ing. Albert Kleinという会社を設立しました。当初は、ヨーロッパでほとんど知られていなかった空気処理に関する技術コンサルティングの会社でした。均一な気候を作り出すための最初のシステムは、生産プロセスの大幅な節約につながり、それらは当初、自動車およびタバコ産業で使用され、後に繊維産業でも使用されるようになりました。

1930年代に、LTGは事業を拡大して、革新的な空気処理システムの設計と導入に加えて、LTG独自の製品の製造を開始しました。同社は、製品範囲を拡大し、ヨーロッパでの顧客基盤を拡大することに成功しました。産業用空調のほか、クライン博士が開発した誘導原理を応用したルームエアコンも多く提供するようになり、第二次世界大戦後、LTGは復興と新工場や管理棟の建設によって急成長を遂げました。1993年に、同社の本来の活動分野であるエンジニアリングサービスは、独立した事業セグメントになりました。社内の研究所は現在、研究開発のための強固な基盤を提供しています。50以上の特許が、同社の革新的な能力を証明しています。1999年、LTGの製品と開発活動は、LTGAktiengesellschaftの傘下で統合されました。

現在、同社は世界中で活動しており、室内空気と処理空気に高品質の製品とカスタマイズされたソリューションを提供しています。その主力製品は、空気/水、空気拡散器と空気分配システム、あらゆるタイプのファン、およびろ過と加湿システムです。主な用途は、オフィス、ホテル、学校、美術館、病院の空調に加えて、旅客船や列車などの特殊分野です。一方、産業用途には、熱工学、プロセスエンジニアリング、リサイクル、風力シミュレーションなどがあります。